これだけは召し上がって欲しいかどわきの一皿

麻布十番から徒歩5分のところに新しい感覚の日本料理店かどわきがあります。
シックな黒い塀の外観に内装は木をふんだんに使用した気品のあるお店で、大人の食通が集う店としても名をはせています。
素材を大切にしつつ、独創性のあるお料理でも有名です。
ここで、是非召し上がっていただきたいメニューがあります。
ひとつは、トリュフ御飯です。
御飯の上にトリュフをのせた斬新かつシンプルなメニューです。
だからこそ素材の良さが重要で、お店の常連さんも気に入って注文されています。
同じく御飯ものでおすすめなのが、桜海老と筍の飯蒸し桜葉添えです。
色鮮やかな桜海老が散りばめられた、見た目も華やかな一品で、かりっとした桜海老の香ばしさと桜の葉の香りがマッチしています。
飯蛸と筍の木ノ芽和えも召し上がっていただきたいお料理のひとつです。
木の芽和えというと、いかと筍を連想される方も多いと思いますが、かどわきでは蛸、それも飯蛸といって小さい蛸と合わせています。
考えてみれば、いかはそれほど味がしないのに、私たちは固定観念にとらわれて、なぜ蛸と合わなかったのか不思議なくらいです。
蛸は別に煮てあるので味かしみてうまみがあります。
柔らかく炊かれた蛸と筍の食感の違いも楽しめる一皿です。
他にもかどわきのメニューには驚きや発見のあるお料理が数多くあります。