ヒップホップの歴史や魅力について

ヒップホップというキーワードを聞いた事があっても、誕生した経緯や特徴が何か知らない方も多いです。
歴史は比較的新しく、1970年代の初頭に誕生したものであり、ニューヨークでストリートギャングが多いサウスブロンクス地区で誕生します。
この地域の若者はお金が無いのでディスコに行かず、周辺の公園に集合してパーティーを行い、音楽やアート、ファッションを取り入れた新しいスタイルを産む事をヒップホップと言います。
ですからダンスや音楽ジャンルの一つという事ではなく、文化そのものを示しており、そこからヒップホップミュージックやダンス、アート、様々な新しいジャンルが産まれて世界中に広がっていったものです。
黒人文化と捉える方も居ますが、そうではなく、他の人種も深く関わって発展してきたものであり、4つの大きな要素があります。
ラップ、DJ、グラフィティアート、ブレイクダンス、これはヒップホップの主軸の4要素であり、日常でも何気なく触れている機会がある方も多いです。
ギャング抗争が絶えなかった時代に、抗争の代わりとしてラップやブレイクダンスで競い合い、それが結果として情報交換や縄張り主張に繋がっていき、現在では音楽やダンスとして触れる事が多いです。