ネットスーパーを祖母が利用しだしたきっかけ

ずっと生活基盤の一つとして利用していたスーパーがなくなり買い物難民になってしまった、そんなお年寄りの人にこそ使ってもらいたいのがネットスーパーです。
わたしの祖母も愛用しているサービスなのですが、利用しはじめたきっかけは隣の市に大型ショッピングセンターが出来たために歩いて10分ほどの距離にあった個人経営のスーパーがつぶれてしまったせいでした。
ショッピングセンターまでは車で10分ほどなので暇を見つければわたしや父が祖母の買い物の手伝いをしていたのですが、やがて祖母が「ショッピングセンターは広すぎて疲れる」と言いだして、自分から買い物しなくなったんです。
しばらくは祖母が書いたメモの通りに買い物したものを渡していたのですがいつも不満げでした。
その時にネットスーパーの話を聞いて、祖母に利用を勧めたのです。
ネットという言葉に抵抗感もあったようですが、次第に「やっぱり自分で好きなものを選んで買い物するのは楽しい」と、今までのイキイキとした祖母に戻ってくれました。
息子や孫に買い物を頼むと、自分の趣味の物を購入したらなにか言われそうでずっと我慢していたそうです。
若い子やお年寄りに限らず、買い物は他の人の目を気にせずに楽しみたいですよね。
近くで買い物できるスーパーがなくなってしまったお年寄りでもネットスーパーを利用すれば、それが可能なのです。