原因を理解した上で胃痛を予防しよう

胃がキリキリと痛むのが胃痛の主な症状で、原因はストレスになります。
まずストレスを感じると大脳から交感神経に伝達がいき興奮状態になり、胃の血管がいつも以上に収縮し、胃粘膜の血流悪化や粘膜の分泌が下がってしまうのです。
またホルモンの分泌も過剰になっていることも相まって、防御因子と呼ばれる胃粘膜の抵抗力が低くなってしまいます。
そして同じようにストレスは大脳から副交感神経にも伝わっていきます。
そうなると胃腸が過剰に働くようになり、攻撃因子とも呼ばれる胃酸がたくさん分泌されてしまうのです。
症状改善のためには病院を受診するのも有効的な手かもしれませんが、症状を緩和させるのを助けてくる自然の素材を使って作られた漢方を活用するのも1つも手段だと思います。
私の場合、胃痛にならないようにするため睡眠を十分にとったり、ストレスを溜めこまないように趣味であるカラオケや友人とのショッピングなどを定期的にするようにしました。
もちろんのこと食べ過ぎや飲み過ぎをしないように気を付け、深夜や寝る前の食事などは胃に負担を掛ける可能性があるため出来る限りその時間帯の食事は控えるようにもしました。
あと運動もしたほうが良いので、犬の散歩を朝晩行くようにしたり、週1ではありますがスポーツジムにも通っています。http://xn--nfv72srrfctm.com/