自由民主党の期待の超新人の活躍

山口県の県庁所在地は山口市ですが、山口県と聞いて思い浮かぶのがまずは“ふぐ”そして山口県を代表する市と言えばやはり言わずと知れた下関ではないでしょうか。元下関市長元は歴代何百人といますが、元下関市長の中でもやり手と称された数少ない人材の内の一人が今回自由民主党の支部長に就任する事になり、選挙にますます注目が集っています。選挙の1票の重さの格差は同じでなければならないのですが、地区によってはどうしても偏ってしまうということで以前から指摘されていた事実が今回公に違反だという判決が下りました。しかし通常ならば無効にならなければならない選挙自体が、今から選挙をやり直すと大混乱になるという事で今後の選挙のあり方が是正されるだけでした。